酵素は必要だといわれているけどなぜ?

体を作っていく上では血流促進や代謝アップが欠かせないですよね。
それと同時に、絶対に必要なのが酵素なんです。

 

酵素は基本的に会社と生花の両方に働きます。
体の中に潜在酵素として消化酵素と代謝酵素と言うものがあり、
消化酵素によって食べたもの脂質や糖質が分解されて、
体の中に取り込まれて栄養になります。

 

もちろんその中にはできるだけ本来ならば吸収したくない糖質の炭水化物なども含まれています。
ここではとりあえず一旦その説明は置いておいてもう一つ代謝酵素の説明をいたします。

 

代謝酵素と言うのは、食事で撮った食材から必要な栄養素が取り出されて
血流に乗っかって体中の隅々まで運ばれていった物を使って
体の各所で肌のターンオーバーや傷の再生などを行います。

 

そのための化学変化を起こさせるのが代謝酵素の役割なんです。

 

代謝酵素がしっかり働く体であれば常に細胞は新しいものに
生まれ変わっている健康体と言うことができます。

 

実は私たちの体で痩せているスリムなスタイルや肌がつやつやになっていたり、
傷があったりしても比較的早く治ったりするような健康な体というのは
全てこの代謝酵素が鍵を握っているといっても言い過ぎではないんです。

 

ただし代謝酵素は無限に働けるわけではなく、
体の子外側から食物酵素を補給することと+消化酵素が無駄遣いされていない事
が条件で初めて発動することができます。

 

食物酵素は当然ながら、生の食材の野菜やお肉、お魚といったものに含まれています。
そのためお寿司を食べに行ったりサラダを食べたいと言ったことも大切なことなんです。

 

普段の何気ない行動かもしれませんが私たち日本人はお魚は生で食べる習慣もあります。
そうすることで生の酵素を補給することができるんですね。
ただしもちろんそんなにこまめにお寿司ばかり食べに行ってしまうわけにもいきませんし
それにお寿司はそれなりにカロリーが高い食品でもありますですので、
生の酵素を補給できるサプリや酵素ドリンクなどが人気になるんですね。

 

誰でも自分の体を美しく若く保ちたいのは当然ですから、
そのために酵素が欠かせないでも毎日の食事だけで完全に酵素を補う事は
難しいとなれば選択肢は1つしかありません。
それが酵素サプリや酵素ドリンクといったものなんです。

 

それと、最近では体の中で注目されているものが今の働きです。
今の働きは乳酸菌や麹菌、酵母菌、酢酸菌、ビフィズス菌、酪酸産生菌などいろいろな種類があります。
ここら辺の腸内細菌の働きは実は腸内環境にとても有効で、
大腸や小腸の中にこれらの菌はたくさんいて、腸内環境を一定の状態に保っています。

 

実は私たちの肌にもこれの人は似たようなものがいて表皮ブドウ球菌などが
自分の肌を美しく保つための常在菌である事はご存知の方も多いかと思います。
酵素のような脆さ(化合物として加熱されれば壊れるし、
冷凍されれば効率が下がる)といったような脆さがない代わりに今は単純に生き物であるために
死んでしまいます。
環境が大切なんですその環境を保つためためにも酵素が必要で
酵素の働きで体内環境がよく保たれると今もよく善玉菌が優位な状態になって、
どんどん体自体がきれいに美しく生まれ変わっていくことができるんですね。

  • 2017/05/06 12:18:06