酵素の働きでお通じを改善するとダイエットにも?

お通じをスムーズにする事は、そのままダイエットにもつながります。なぜなら食事から得たエネルギーをちゃんと体の各部位で使う事が出来ない事で腸の動きも鈍くなってお通じに表れて便秘になる方が多いからです。

 

そこで活躍するのが酵素なんです。
ただし便秘改善に対して酵素というのはできることとできないことがあるので、そのあたりを中心に見ていきましょう。

 

日常の生活の中で、便秘というのは女性を中心に多くの方が悩んでいるもののひとつです。
しかし、その症状としては様々で、便秘の深刻度も様々なケースがあります。

 

では、そういった便秘に対して酵素がどういった働きをするのか効果にクローズアップしてみていきましょう。

 

便秘になっているということは腸内環境が悪化している状態です。
そこで、酵素ドリンクや酵素サプリメントなどで酵素を摂取すると、腸内の善玉菌が増えていき、悪玉菌の数も減っていきます。
この状態でさらに食物繊維などを意識するようにすると、お腹のなかで便を出そうとする効果に働き、
お腹のなかで便が残っている感覚、残便感が徐々になくなっていき、ポッコリお腹も解消されます。

 

またその影響で、おならがくさかったのもなくなっていきます。

 

これはお腹の中で貯まっていた便が腐敗して悪臭のもととなる状態でなくなることを意味します。

 

ただし、酵素というのは便秘薬のように、今すぐどうにかしたいといったような即効性を求めてもダメなんです。
酵素には便秘に対しては即効性の効果はありません。

 

お通じを改善する事は、そのまま体質改善に直結する事なんですよ。
そして、そのカギを握っているのが酵素なんです。
お通じが悪くなっている状態というのは、腸の蠕動運動(腸が便を押し出す力)も弱まっているんです。

 

一般に市販されている便秘薬は腸の神経を刺激して反射的に腸の動きを活発にさせる事で、便秘を解消する仕組みになっているのですが、本来は何もしなくてもちゃんと動いて、便を押し出す働きをするはずの腸に、むやみに神経を刺激する事で却って平常時の反射的な腸の働きが阻害されてしまう事もあるんです。

 

お通じが悪い方は実感されている事と思いますが、薬に頼ってお通じを良くする習慣が付くと、どんどん薬に頼る頻度が高くなって行って薬の使用量も増えていきますよね。これが身体にとっては良くない事なんです。

 

本来、健康なはずの身体を薬でめちゃくちゃにしない事が理想です。
ちなみに腸の蠕動運動を起すきっかけとして水分摂取も効果的ですし、運動の役割はもっと重要なんです。
と言っても、激しい運動である必要はまったくありません。

 

足の付け根をしっかり前屈させる動きを繰り返す事で腸を動かしてあげる事が出来るんです。
膝の高さ程度の踏み台を昇り降りする運動は、お通じの改善にとても有効です。

 

この運動を一日で30分行う事が出来れば、劇的にお通じを改善する事が出来るはずです。
階段の昇り降りが大切と言われるのは、運動につながる事ももちろんですが、このためでもあるんですよ。

 

さらに酵素の働きが加わって、体内で余りがちだったエネルギー消費が効率的に進む事によって、思い通りのスリムな身体に近づく事が出来るんです。

  • 2015/04/25 12:18:25