酵素ダイエットの失敗例でわかること

酵素ダイエット 失敗例

酵素は、人間の身体の仕組みの上で必要不可欠であり、ダイエットでもとても重要なカギを握っています。
酵素ドリンクが酵素を摂取する代表的な商品として有名ですが、サプリメントもあります。
ただし、酵素はただ飲むだけで痩せるという様なものではありません。

 

わたし達人間の身体は酵素が無いとエネルギーを取り込むことも消費することも出来ないため、最近では「その部分にだけ着目」して「今まであなたのダイエットが成功しなかった理由は酵素不足!」とばかりに宣伝されているものがたくさんあります。

 

これが、酵素ダイエットの絶対神話のような錯覚を生み出して、そんな誤解から酵素ダイエットの失敗例を経験される方までおられます。

 

このページでは、そんな酵素ダイエットの失敗例から原因を学んで、次のダイエットを成功させるための教訓に役立てる事が出来るのではないかという事で、徹底的に分解します。酵素ダイエットの成功方法を一緒に学びましょう!

酵素ダイエットの失敗例

酵素ダイエット 失敗例

酵素ダイエットの失敗例で、最も多かったものは、以前では「酵素ドリンクや酵素サプリメント」をちゃんと飲み続けていたのに全然痩せられなかったというものです。

 

これは、もともとキャッチコピーのせいで酵素の働きを誤解してしまった事によって起こった酵素ダイエットの失敗例なので、ある意味「宣伝の被害者」という事も言えるのですが、ここで確認して置かなければならない事が「酵素ドリンクや酵素サプリメントは痩せ薬ではない。」という点です。

 

今まで食事制限をがんばって食べたいものも我慢していても痩せられなかった原因は酵素不足が考えられますが、酵素さえ摂っていれば痩せられるという意味とは違うんです。

 

どういう事かと言うと、酵素不足でエネルギーを消費出来ずにいたために食事制限を頑張っていても効果が現れなかったところから酵素を補ったとしても、摂取カロリー以上に消費できる身体になったわけではないという事なんです。

 

つまり、ダイエットを成功させるためには「消費カロリーを酵素ダイエットで増やして摂取カロリーを食事制限で減らす」という二面的なことを同時にやらなければダイエットの失敗例になってしまいやすいという事なんです。

もうひとつの失敗例で学べるダイエットの方程式

そして、もうひとつの酵素ダイエットの失敗例が運動不足です。これも運動を頑張らなくても痩せられるという酵素ダイエットのキャッチコピーの被害者と言えなくもない失敗例でもあります。

 

酵素を補ってあげる事で、エネルギーを消費しやすい準備が整ったという事は言えるのですが、やはり運動しなければ消費カロリーは増えるものではありません。

 

食事制限とまったく同じで運動しても消費エネルギーに変換されなかったために痩せられなかっただけで、酵素を補えば運動しなくても痩せられるというわけではないんです。

 

もちろん例外的に運動しなくても酵素ドリンクやサプリを飲んでいるだけで痩せられたという方もおられますが、そういった方は通常の生活の中に運動の要素が入っている仕事や通勤などをされている方がほとんどなんですよ。

 

つまり「特別に運動量を増やす必要がない生活習慣を持っていた」と言うだけなんですね。
もちろん、これは筋肉量などの個人的な体質の差によっても変わって来ますが、筋肉があればある程基礎代謝は高いので黙っているだけでもエネルギーを消費しやすい分だけダイエットには有利と言えます。

 

出来ることなら酵素ダイエットを始めた事をきっかけに「黙っていても痩せられる身体作り」を始めたいものです。
そうすればダイエットで苦しむ事もなくなります。

 

それに健康的でもあります。筋肉には免疫機能とも密接な関わりがあるので、筋肉がある人は病気にも成りにくいんですよ。

  • 2015/05/18 13:05:18