酵素ダイエットのやり方|ファスティングについて

 

酵素ダイエットのやり方の一つにファスティング(断食)があります。
短期間集中型のダイエット方法なのですが、効果が高い代わりに空腹感の対処や準備期間、回復食などいくつかの注意点があります。

 

酵素ダイエットのファスティングをやり方をしっかり把握して実践する事で、効果が実感できるだけではなく、代謝効率が上がって「痩せやすく太りにくい身体」にもなれるので、実践する人は増えて来ているんですよ。

 

最近、話題になっているクレンズダイエットも酵素ドリンクを使わず、コールドプレスジュースを用いるというだけで、代謝効率を向上させて痩せる身体を作っていくという考え方は同じです。
しっかり酵素ダイエットのファスティングのやり方をモノにして、スリムな身体を手に入れたいですね。

酵素ダイエットのやり方|ファスティングの注意点

準備期間

酵素ダイエットのファスティングは準備期間が必要です。とは言っても、それほど難しい事ではありません。
基本的に3日間の断食を行うのが酵素ダイエットのファスティングのやり方なので、準備期間にも3日間をかけるのが理想的です。

 

その間に注意する点は、できるだけ胃腸に優しい消化に優れているメニューの食事を心掛ける事です。
「明後日から断食だから、しっかり食べておかないと・・・」というのは間違いです。人間の身体は環境に適応するのに時間が必要な仕組みになっているので、満腹状態を維持する食生活から急激に断食を始めると「恒常性維持=ホメオスタシス」の働きで、代謝が落ちて消費カロリーが少なく抑えられてしまいます。

 

なので、3日間掛けて少しづつ食事量を減らして、いきながら消化に良い炭水化物と発酵食品を食べるようにして下さい。
メニューは、玄米ご飯(柔らかめに炊いたもの)、納豆、葉物野菜のお漬物などがおすすめです。
すると断食中に摂取する酵素の働きを助ける下地が作れるんですよ。

断食開始

断食期間中は出来るだけ、身体を酷使しないようにして下さい。
ダイエットだから運動は必要なんじゃないの?と思われるかも知れませんが、断食の場合は極端に摂取カロリーが少ない状態なので、そこに運動による体力消耗の負担が加わると、やはり人間の身体にある生命維持のシステムが反射的に働いて消費カロリーを少なくするように抑えてしまいます。
とは言っても、完全に動かないという意味ではなく、軽いウォーキングやストレッチなど体温維持に効果的な有酸素運動は問題ありません。
ただし、やりすぎには注意しましょう。
それと、お水を出来るだけ飲むようにして下さい。尿や便意など排出機能を高める働きがあるからです。
もしタバコやコーヒーがお好きな方なら、ちょっと辛いかも知れませんが、できる限り我慢して下さい。
と言うのは、タバコもコーヒーも胃腸に負担が掛かるのはもちろんですが、体温を下げてしまう働きがあるからです。

断食終了後の回復食

断食終了後の回復食は、断食でリバウンドしやすい身体になっているところに急激に普通食を入れてしまう事を回避するのが注意点です。
断食を行った事で、身体の中は老廃物も排出が進んで、吸収力が上がっている状態です。
そこに、動物性タンパク質や消化に優しくない油脂をたくさん含んだものを食べると、せっかく行った断食の頑張りが無かった事になってしまいます。
低カロリーである事も大切ですが、出来るだけ動物性脂肪は避けた方が良いですね。
ちなみに管理人が断食後の回復食で好きなのは、玄米に細かく刻んだ葉物野菜を入れたおかゆです♪
玄米の長所は食物繊維も豊富に摂れて低カロリーな事なのは皆さんご存知の通りです。
唯一短所として挙げられるのは、普通に炊くと硬いという点なので、そこをおかゆにすれば克服できると単純に考えたんですが大正解でした♪
もし、酵素ダイエットをファスティングで行う方はおすすめのやり方ですよ。

  • 2015/04/11 11:23:11